【パワースポット・縁結び・金運】滋賀『宝厳寺』

滋賀県は琵琶湖に浮かぶ、「竹生島(ちくぶじま)」という小さな島があります。

島にはお寺と神社があり、食事処などもあるのですが、夜には人がいなくなってしまう無人島です。

まさに、信仰のために存在する島といって良いでしょう。

なんとその信仰の歴史は、弥生時代にまでさかのぼるそうです。

そのため竹生島は、島全体がパワースポットともいわれているんですよ!

ということで今回は、そんな竹生島にある『宝厳寺』についてご紹介します。

【Sponsored Links】

『宝厳寺』ってどんなお寺?

ではまず、宝厳寺はどういうお寺なのかということから、ご説明しますね。

宝厳寺の創建について

西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所にも数えられる宝厳寺(ほうごんじ)の創建は、今から約1,300年前のことだそうです。

聖武天皇が夢枕に立った天照皇大神からのお告げを受け、宝厳寺を建立したといわれています。

秀吉との関係も深い

また、宝厳寺は豊臣秀吉ゆかりの地としても知られています。

秀吉と関係の深い、多くの書状や宝物が寄贈されています。

中でも「唐門」は、かつて豊臣秀頼によって大坂城から移築されたものです。

唯一現存する大坂城の遺構であることから、国宝にも指定されています。

隣り合うお寺と神社

なお、宝厳寺のすぐ隣には、竹生島神社ともいわれる『都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)』があります。

今ではお寺と神社は別物といったイメージがありますが、かつては神仏習合の影響により、区別することなく信仰されていたそうです。

現在でも、宝厳寺と都久夫須麻神社は「舟廊下」と呼ばれる通路で繋がっています。

弁天さまに縁結び・金運アップのお願いをしよう

宝厳寺の御本尊は『大弁才天』で、“日本三大弁財天”とのひとつとしても知られています。

いわゆる弁天様は、財宝知恵、そして縁結びなどのご利益があるといわれている女神です。

廃寺を免れた宝厳寺

実は宝厳寺は、明治時代に発せられた「神仏分離令」によって、廃寺の危機に陥ったことがあります。

しかし、多くの信者たちの要望によって、それを免れることができたそうです。

そんな歴史も見てきた大弁才天は、現在も宝厳寺の本堂にいらっしゃいます。

「弁天様の幸せ願いダルマ」

こちらのお寺で特にご利益をいただけると有名なのが、「弁天様の幸せ願いダルマ」です。

幸せ願いダルマは、宝厳寺の本堂でいただくことができます。

小さな赤いダルマの中に、願い事を書いた紙を入れて奉納します。

奉納後は本堂で一年間、祈願していただけるそうですよ!

【Sponsored Links】

『宝厳寺』へのアクセス

■アクセス
滋賀県長浜市早崎町1664-1

■電話
0749-63-4410

■参拝時間

自由ですが、乗船時間に間に合うように参拝しましょう!

■拝観料
大人400円 小人300円

■交通
長浜港・彦根港・今津港から観光船で移動
【長浜港】JR「長浜駅」より徒歩10分→観光船約30分
【彦根港】JR「彦根駅」よりタクシー約5分もしくはバス約20分→観光船約40分
【今津港】JR「今津駅」より徒歩5分→観光船約25分

■HP
http://www.chikubushima.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です