【パワースポット】滋賀『石山寺』(恋愛運・縁結び・金運)

滋賀県は大津市にある『石山寺』は、金運・縁結びのパワースポットとして人気です。

その人気は現代に始まったわけではなく、なんと平安時代にまでさかのぼります!

紫式部にもゆかりのあるお寺ですので、パワースポットというだけではなく、歴史や文学が好きな方にもおすすめしたいスポットです。

【Sponsored Links】

『石山寺』ってどんなお寺?

石山寺は、奈良時代の東大寺大仏建立がきっかけとなり、開かれたお寺と伝わっています。

当時、仏教で国を治めようとしていた聖武天皇は、東大寺建立のために必要な黄金が足りず、その状況を憂いていたといいます。

そんなとき、夢の中で“その地に伽藍を建て、如意輪法を修すように”というお告げを受けたそうです。

御本尊の秘仏「如意輪観音像」の胎内には聖徳太子の念持仏が納められているとされ、縁結び・安産・厄除けなどのご利益があるといわれています。

平安時代には皇族や貴族、庶民の間にも「石山詣」が盛んになったそうです。

藤原道長は特に石山寺に帰依したそうですが、当時の藤原氏が隆盛を誇っていたことは、とても有名ですよね。

また、本堂にある「源氏の間」では紫式部が『源氏物語』の着想を得たとも伝わっています。

他にも清少納言の『枕草子』や、『更級日記』『蜻蛉日記』などの平安時代を代表する文学作品にも登場することから、当時の人びとからも非常に信仰を集めていたことがうかがえます。

『石山寺』にある有名パワースポット

それでは、石山寺の境内にある有名なパワースポットを、いくつかご紹介しますね。

硅灰石(けいかいせき)

石山寺は、その名前からもわかる通り、「硅灰石(けいかいせき)」という石(岩)の上に建てられています。

かつては、石や岩には神が宿り、目には見えない力があると信じられてきました。

現在でも本堂の手前にある「硅灰石」周辺は、パワーが強いといわれています。

岩を背景に写真を撮ると良いそうですよ!

「月見亭」で金運アップ

国宝・多宝塔の奥、瀬田川を見下ろせる高台に「月見亭」はあります。

こちらからの景色を見ると、金運がアップするといわれています。

元々こちらの「月見亭」は、後白河天皇が行幸する際に建てられたそうです。

天皇がここからの景色を楽しむために造られたほどですから、運気がアップしそうな予感がしますね。

こちらから見える月は「近江八景」に選ばれるほどですので、ぜひ訪れていただきたいです。

「心願成就の鐘」で縁結び

「心願成就の鐘」は、硅灰石から月見亭へ向かう中ほどにあります。

鎌倉時代に造られた「鐘楼」と平安時代に造られたという「梵鐘」は、いずれも重要文化財に指定されています。

福徳・縁結びに良いとされ、毎年大晦日には、除夜の鐘を先着108名の方が撞くことができますよ。

【Sponsored Links】

『石山寺』へのアクセス

■アクセス
滋賀県大津市石山寺1-1-1
※有料駐車場あり(140台)

■電話
077-537-0013

■参拝時間
8:00~16:30 ※入山は16時まで

■入山料
600円(大人・個人の場合)

■交通
京阪「石山寺駅」より徒歩約10分

■HP
http://www.ishiyamadera.or.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です