【パワースポット・恋愛運・縁結び・仕事運】京都『出雲大神宮』

京都には数多くの寺社仏閣がありますから、いくつもの有名パワースポットもありますよね。

亀岡市にある『出雲大神宮』もそのひとつです。

島根にある『出雲大社』と名前がよく似ていますが、別の神社なんですよ!

【Sponsored Links】

『出雲大神宮』ってどんな神社?

『出雲大神宮(いずもだいじんぐう)』は、京都府亀岡市にある神社です。

丹波国一之宮であり、和銅二年(709年)にその社殿が造営されたと伝わっています。

『出雲大神宮』と『出雲大社』の関係

出雲大神宮は鎌倉時代、吉田兼好によって書かれた『徒然草』にも登場します。

その中では、『出雲大社』にならって『出雲大神宮』を造営したと書かれています。

一方、出雲大神宮の社伝によると、『出雲大神宮』から『出雲大社』へ分霊されたということです。

真実はよくわかりませんが、とにかく二つの社は関係があるということでしょうか・・・

『出雲大神宮』に縁結びの御神徳がある理由

御祭神は『大国主命(おおくにぬしのみこと)』とその后神である『三穂津姫命(みほつひめのみこと)』です。

出雲大神宮の三大御神徳は“長寿・縁結び・金運”といわれています。

とくに『三穂津姫命』は高皇産霊尊(たかむすびのかみ)という、天にいた神様の娘です。

神話『国譲り』の中で、天の神に国を譲った『大国主命』の后となりました。

このことから天地を結んだ神、すなわち縁結びの神様となりました。

ここでいう“縁”とは男女の仲に限らず、お金や仕事などを含む、人間が生きていく上で必要となる縁を意味するそうです。

そのため、縁結びや仕事運アップを求めて『出雲大神宮』に参拝される方が多いのです。

『出雲大神宮』の有名パワースポット

それでは、『出雲大神宮』の境内にある有名なパワースポットをいくつかご紹介しますね。

『出雲大神宮』一番のパワースポット「磐座」

まずは『出雲大神宮』のパワーの源であり、神社内で一番のパワースポットと呼ばれる場所をご紹介します。

本殿の裏手にある「磐座(いわくら)」は、有名なパワースポットとなっています。

磐座内は神域となっていて、禁足の地です。

近くまでは行けますが、中には絶対に立ち入らないようにしてくださいね。

そもそも「磐座」とは、神様が降臨するとされる岩のことをいいます。

古代の人びとも、こちらの岩には不思議な力があると思ったからこそ、磐座としたのかもしれませんね!

なお、磐座は神社の最奥にも存在します。

社務所で受付を済まさないと、立ち入れないエリアになります。

とても神聖な場所ですので、神様を敬う気持ちを大切にして参拝してくださいね。

奇跡の水が湧き出る「真名井のいずみ」

『出雲大神宮』の「真名井の水」は、御神体山である「御陰山」から湧き出す御神水です。

こちらのお水はとてもミネラルバランスが良く、健康に良いそうです。

世界でもなかなか存在しないレベルの、奇跡の水質だそうですよ!

そんな「真名井の水」を汲むことのできる「真名井のいずみ」は、拝殿の右手前にあります。

訪れた際には、ぜひお水取りをしてみてくださいね。

なお、煮沸をしてから飲まれた方が良いそうです。

【Sponsored Links】

『出雲大神宮』へのアクセス

■アクセス
京都府亀岡市千歳町出雲無番地

■電話
0771-24-7799

■参拝時間
拝観自由
※社務所 9:00~17:00(受付9:00~16:30)

■交通
JR嵯峨野線「亀岡駅」よりタクシー約10分
※駐車場あり

■HP
http://www.izumo-d.org/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です