お金が増える、金運が上がる月のおまじない

金運アップ・宝くじ・お金が手に入るおまじない

お金がもう少しあれば好きな洋服が買えるのに。

最近、金運があまりよくない気がする・・。

そんな時はお金が増える、金運が上がるおまじないをしてみましょう。

【Sponsored Links】

この先の一年でお金が増える鏡と月とお金のおまじない

【必要なもの】
・鏡(中国の正六角形をした鏡)
・金色のコイン

【タイミング】
満月の日の夜(1年を通して)

【やり方】
1、家の外にでる。

2、鏡に月や月の光が映りこむように鏡を傾ける。

3、月が映った鏡の前で、金色のコインを手に握り「満月よ、月の力よ。金銀財宝、月が細くなる前に私にふりかかりますように」と呪文を唱える。

4、できるだけ自分から遠く離れるようにコインを投げる。自分の姿が映るように鏡を持つ。同じ呪文を唱え続けながら反時計回りに9回くるくる回る。

5、空が鏡に映るように鏡を水平に持ち、「今、私は富の光で満ち溢れている」と言う。

6、このおまじないを満月の日の夜に行う。

【Sponsored Links】

金や真ちゅうをこすって金運を上げるおまじない

【必要なもの】
・大きめの真ちゅう製かもしくは金色のお皿(なければグラスでもかまいません)
・柔らかい黄色の布
・きらきら光るネックレス、ブレスレット、黄色い花、クリスタル、金貨、黄色のフルーツ

【タイミング】
・太陽の日がある間、もしくは黄色のキャンドルの光をともしている間

【やり方】
1、時計回りに回しながら、お皿を磨きます。磨きながら、ゆっくりと止まらずに「真ちゅうのお皿(金色のお皿、グラス)よ。どうかわたしを見捨てないでおくれ。金がたくさんあふれるようになあれ。どんどんお金が増えていく。貧困の角を曲がるとそこにはたっぷりとお金がありますように」と呪文を唱えます。

2、お皿がきれいに磨けてきたら、ネックレスやブレスレットなどのキラキラ光るものと金色のフルーツをその皿に乗せて、風通しのよいところに置いておいてください。

3、フルーツが新鮮さを失ってきたら次に黄色の花に交換します。花を少し皿に置いたあとに、花から花びらを取って、それを風に撒きます。フルーツは富を吸収するという意味を込めて毎日少しずつ食べます。花を撒くときも、果物を食べるときも3回呪文を唱えてから行うようにしてください。

4、お皿には常にネックレスやフルーツなどをたくさん載せておいてください。そして毎月1日にお皿を磨くようにしてください。

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事