【パワースポット】奈良『大神神社』(心願成就、商売繁盛)

奈良県桜井市にある『大神神社』をご存じでしょうか。

日本最古の神社としても有名ですが、心願成就や商売繁盛のパワースポットとしても知られているんですよ!

【Sponsored Links】

『大神神社』ってどんな神社?

まずは、『大神神社』について簡単にご紹介したいと思います。

『大神神社』には本殿がない

『大神神社(おおみわじんじゃ)』の最大の特徴は、本殿がないということです。

神社の背後にそびえる三輪山(みわやま)を御神体としているため、拝殿から山へ向かって参拝することになります。

「本殿」とは御神体が安置されている社殿をいい、「拝殿」とは人が祈りを捧げる場所をいいます。

その理由は簡単に言ってしまうと、ものすごく古い神社だからです。

「社殿」というものが成立する以前から、信仰されていたことを意味します。

御祭神は人間生活の守護神

さて、そんな『大神神社』では、『大物主大神(おおものぬしのおおかみ)』をお祀りしています。

こちらの神様は説明するのがかなり厄介ですので、興味のある方はご自身で調べてみてください。

以下、ざっくりとご紹介しますと、『大物主大神』はすべての産業・方除(ほうよけ)・治病・交通・縁結び・・・など、人間生活の守護神だそうです!!

なんと、諸々にご利益があるということですね。

面白いのが、お酒の神様としても有名だそうです。

また、『大物主大神』は蛇神であるとも考えられています。

そのため、境内に蛇の好物である“卵”がお供えされている光景を、目にするかもしれません。

【Sponsored Links】

究極のパワースポット・神のいる山「三輪山」に登る

そして最後に、究極のパワースポットをご紹介します。

それは、御神体そのものである「三輪山」です。

ハイキング気分で行かないで

かつては厳しい入山制限がある禁足の地とされてきましたが、現在は登ることができるそうですよ。

ただし、登るには許可が必要となります。

まずは摂社「狭井神社(さいじんじゃ)」にて、受付を済ませましょう。

神域に立ち入る上で、守らなければいけないルールがいくつか存在します。

決して軽い気持ちで登らないでくださいね!

あくまでも、登山の目的は“お参り”です。

また、体調には十分気を付けて登るようにしてください。

登ると不思議な体験をする?

三輪山で見たことは、言ってはいけないそうです。

そのため、ネット上ですらあまり情報が出回っていません。

もちろん、写真撮影なんてもってのほかです。

そこに何があるのか・・・、ぜひご自身で確かめてください。

登山中、不思議な体験をされる方が多いようですよ。

まだ私も登ったことがないのですが、奈良へ行くことがあれば、必ず行きたいと思っています!

『大神神社』へのアクセス

■アクセス
奈良県桜井市三輪1422

■電話
0744-42-6633

■参拝時間
参拝自由
※授与所 8:30~16:30
※登山受付 9:00~14:00 (下山は16時まで)

■交通
JR桜井線「三輪駅」より徒歩約5分

■HP
http://oomiwa.or.jp/

【Sponsored Links】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です