【パワースポット・浄化】(沖縄・南部)『斎場御嶽(せーふぁうたき)』

都会の暮らしに疲れたら、沖縄県本島・南城市にある『斎場御嶽(せーふぁうたき)』に行ってみてはいかがでしょうか。

“斎場御嶽”という文字だけ見ると、非常におどろおどろしい印象を受けますよね。

ですが、実際に訪れると心が浄化されると言われているパワースポットです!

2000年12月には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして、世界遺産にも登録された場所です。

【Sponsored Links】

世界遺産にも登録された『斎場御嶽』ってどんなところ?

そもそも斎場御嶽とは、一体どんなところなのでしょうか?

「斎場(せいふぁー)」には“最高位”、「御嶽(うたき)」には“聖地”という意味があります。

ということで斎場御嶽は、琉球の開闢(かいびゃく)伝説にも登場する、“琉球王国最高の聖地”です。

沖縄県がまだ「琉球王国」だった時代、国家的な神事を行ってきた場所でもあります。

重要な祭事が行われる度に、“神の島”ともいわれる久高島から聖なる白砂を運び入れては、敷き詰めていたそうです。

久高島とは、沖縄本島の南東海岸・知念岬の東の海上にある島です。

琉球の始祖アマミキヨが降臨し、五穀を初めて伝えた場所ともされています。

かつては男子禁制であり、国王でさえも女性用の衣装に着替え、足を踏み入れたといいます。

現在でも、地元の方々から信仰されています。

そんな斎場御嶽ですが、世界遺産に登録されたのをきっかけとして、一気に知名度が高まりました。

さらに最近のパワースポットブームを受け、この地を訪れる観光客も増えました。

とはいえ、何といっても“琉球王国最高の聖地”です。

かつては地元の方たちも畏れ多くて、立ち入れないような場所だったそうです。

そのような場所に、私たちが足を踏み入れられるようになったことに対して、まず感謝の気持ちを持ちたいですよね。

場内に入ると、神聖な空気を心と体で感じることができます。

目を閉じたら雑念を捨て、ゆっくりと深呼吸してみてください。

都会で忙しく暮らしていては、なかなか感じることのできない時間を過ごすことができるはずです!

『斎場御嶽』を訪れる際にはしっかりマナーを守って

斎場御嶽は、今も昔も“祈りの場所”であることには変わりません。

そのため、現地ではリゾート感覚ではしゃぐことは絶対にやめましょう。

聖地にもかかわらず、スマホやカメラで写真を撮ることに夢中になるのも、違いますよね。

神聖な場所にふさわしい、心構えと服装を整えてから向かいましょう。

【Sponsored Links】

『斎場御嶽』へのアクセス

■アクセス
沖縄県南城市知念字久手堅270-1

南城市地域物産館で入場券を購入する必要があります。
所在地:南城市知念字久手堅539

■電話
098-949-1899

■参拝時間
【11~2月】9:00~17:30 (最終チケット販売~16:45 / 最終入場~17:00)
【3~10月】9:00~18:00 (最終チケット販売~17:15 / 最終入場~17:30)

年2回、休息日があります。確認してから訪れましょう。

■交通
【バス】那覇バスターミナル38番志喜屋線「斎場御嶽前」で下車し、徒歩約10分
※無料駐車場あり(150台)

■HP
http://www.kankou-nanjo.okinawa/tokusyu/view/safa
http://okinawa-nanjo.jp/sefa/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です