【パワースポット恋愛・金運・縁結び】石川『白山比咩神社』

近年、北陸新幹線が開通したことによって、北陸がぐっと身近になりましたよね。

東京から金沢まで、日帰り旅行をすることも可能になりました。

ということで今回は、“北陸最大のパワースポット”ともいわれる石川県の『白山比咩神社』についてご紹介します!

【Sponsored Links】

『白山比咩神社』は縁結び・金運で有名

『白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)』は、日本三大霊山のひとつである「白山」を御神体とする神社です。

日本三大霊山とは、富士山・立山・白山のことです。

そして白山比咩神社は、全国各地に2,000社以上存在するといわれる「白山神社」の総本宮です。

古くから信仰されてきた「白山」

石川県・福井県・岐阜県の三県にまたがる白山は、古くから“霊山信仰の地”として知られていました。

そのため白山比咩神社は、風水的に見ても最高の場所にあるといわれているんですよ!

そのパワーは神社だけにとどまらず、周辺からも強く出ているそうです。

そんな白山比咩神社の創建は、今から紀元前91年のことであると伝わっています。

御祭神は『白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)』です。

五穀豊穣・開運招福・福徳長寿・子孫繁栄などの御神徳を有しているといわれています。

地元では古くから「しらやまさん」と呼ばれ、親しまれてきました。

江戸時代には、加賀百万石で有名な前田家の祈願所にもなっていたそうです。

なぜ縁結び・金運のパワースポットと呼ばれるのか?

白山比咩神社は数多くの御神徳を有しながらも、特に縁結びや金運のパワースポットとして有名です。

また、玉の輿やステイタスを上げる運気も授けてくれます。

それはどういった理由からなのか、ご紹介したいと思います。

先ほど、御祭神は『白山比咩大神』とご紹介しましたよね。

こちらは、『菊理媛尊(くくりひめのみこと)』『伊弉諾尊(いざなぎのみこと)』『伊弉冉尊(いざなみのみこと)』の三柱の総称です。

菊理媛尊は、伊弉諾神と伊弉冉神が仲違いをした際、仲裁をしたといわれています。

さらに、「くくる」が「括る」という意味にも捉えられることから、縁結びや和合の神様になりました。

ここでいう“縁結び”の縁とは恋愛や結婚などに限らず、自己の成長の糧となる縁をいうそうです。

事業をしている方にとっては、良い仕事の縁(金運)も運んできてくれる、ありがたい神様です。

良くない縁は断ち切ってくれる“縁切り”の神様でもあるそうですよ。

女性だけでなく、多くの男性も訪れる神社です!

【Sponsored Links】

特にパワーが強い!?「奥宮遥拝所」

標高2,450m、白山山頂には「奥宮」が鎮座しています。

「奥宮」は非常にパワーが強いそうですが、実際に参拝するのは大変ですよね。

奥宮に行くためには山を登っていかなくてはなりませんが、さすがに気後れしてしまいますよね。

そんな方のために、白山比咩神社・本宮の境内右手には「奥宮遥拝所」があります。

白山比咩神社を訪れた際にはぜひ、忘れずにお参りしましょう!

『白山比咩神社』へのアクセス

■アクセス
石川県白山市三宮町ニ105-1

■電話
076-272-0680

■参拝時間
24時間参拝可能
※御祈祷の受付時間 9:00~16:00

■交通
北陸鉄道石川線「鶴来駅」からバス約5分

■HP
http://www.shirayama.or.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です