別れさせる・彼を自分に振り向かせるおまじない集

好きな人がいるけど、その人には彼女がいる。。付き合っている人がいるけど、その人には本命がいる。。

自分が好きな人にとっての一番になりたいけど、今の状況では難しい。

別れさせる方法はないか、でも現実には難しいですよね。

そんな時はおまじないの力を借りてみましょう。

今回は、彼女と別れさせる、彼を自分に振り向かせるおまじないをご紹介します。

【Sponsored Links】

彼を自分に振り向かせる押し花のおまじない

花は「恋する乙女」を意味する金星のアイテムです。

好みの本は「相手への強い思い」を示す火星のイメージ。どちらが強く作用するかでライバルとの戦いを制することができるかもしれません。

【用意するもの】
・あなたがあまり好きではない花

・彼があまり読みそうにない本
・あなたの好きな花
・彼の好きなそうな本

【やり方】

1、まずあなたがあまり好きではない花を一輪用意し、彼があまり読みそうにない本で押し花を作ります。

2、完全に乾燥したらこの押し花は捨ててしまいます。

3、あなたの好きな花を彼の好きそうな本で作り、完全に乾燥したら本から出していつも見えるところに置きましょう。

本命に昇格できるおまじない

黒は「誠意」を表す土星のイメージカラーで、自然と誠実な心が芽生えるでしょう。

【やり方】

1、彼から電話がかかってきた時の携帯電話の着信画面やメールの受信画面、などを黒い色の多い画面にします。
(黒猫や黒ベースの画像など)

2、また、あなたから電話があった時の彼の着信画面も黒をベースにしたものにしてもらいます。

これであなたに対する彼の気持ちに変化が表れ、本命に昇格できるでしょう。

【Sponsored Links】

かなわぬ恋を叶える毛糸のおまじない

紫はあなたの「強い思い」を示す冥王星、ピンクは「恋する気持ちを示す金星」を表す色。

数字の3は人と人を結ぶ水星のラッキーナンバーで、思い通りの恋がみのるかもしれません。

【用意するもの】
・紫とピンクの毛糸

【やり方】

1、紫とピンクの毛糸をそれぞれ30センチ分用意し、2本の毛糸を1つにそろえ、真ん中を一度団子結びにします。

2、結んだ毛糸を台などを使わないと手の届かない高い棚の上に3日間置きます。

3、3日間置いたら、その後は毎日使うバックに入れて持ち歩きます。

おまじないのルール

おまじないで悲しむ人を出してはいけないというのがおまじないのルールです。

いくら彼が大好きで、彼に彼女ができてしまっていてもその女性の不幸を望んではいけません。

純粋に彼と楽しい時間を過ごすことだけを願って下さい。

ライバルが不幸になることを願ったり、ネガティブな心を持ってしまうとそれが自分に返ってきてしまいます。

すべての登場人物がハッピーエンドになる脚本を自分で描き、おまじないによって幸せになることをイメージするようにしましょう。

【Sponsored Links】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でstarrilyおまじない百科をフォローしよう!

合わせて読みたい記事



シェアお願いします♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です