片思いの相手に自分を異性として意識させる、月とホワイトフラワーのおまじない

両思いになるおまじない

片思いの相手に自分をちゃんと異性として見て欲しい、そんな時はこの月とホワイトフラワーのおまじないをしてみてはいかがでしょうか?

仲は良いけど、ちゃんと女性として見てくれているのか?

相手の自分のことを意識して欲しい時に行ってみてください。

【Sponsored Links】

片思いの相手に自分を異性として意識させる、月とホワイトフラワーのおまじない

【必要なもの】
・透明なガラスのボウル、またはシルバーのボウルに水を半分までいれたもの
・白い花 9輪
・先のとがった水晶石、または表面が滑らかなスティック
・ピンクのリボン
・香水瓶など、水を入れることができるボトル

【タイミング】
・上弦の月が見える夜(もし月が良く見えない場合はシルバーのろうそくに火を灯し、水面に反射させましょう)

【方法】
1、もし可能であれば外でおまじないを行ってください。ボウルに花を浮かばせて地面に置き、ボウルの周りを時計回りに一周歩きます。

2、水晶石でボウルの水を時計回りに9回まぜます。このとき、『満ちていく月よ、○○さんへの愛を育みください。○○さんが私に気付くよう、うるわしいその光で私をお照らしください』と呪文を唱えます。

3、その晩、ボウルは外に置いておきます

4、翌朝、ボウルの中の水を9滴だけピンクのリボンに垂らし、『満ちていく月よ、○○さんへの愛を育みください。○○さんが私に気付くよう、うるわしいその光で私をお照らしください』と3回呪文を唱えます。

5、おまじないをしてから9日間は、このリボンを身につけるか、カバンの中に入れて持ち歩きましょう。それ以降は、片思いの相手に会う日にこのリボンを身につけてください。

6、ボウルに残った水は香水瓶などにいれて、片思いの相手に会う日に手首に吹きかけてください。

【Sponsored Links】

合わせて読みたい記事